MAIN | Journal | Music | Movie | 1-click | Yum-Yum | Moblog

March 29, 2006

今月の読書   :: Posted by kazuo::

kagehinata.gif

今月読んだ本の忘備録でゲス。

「包帯クラブ/天童荒太」
児童虐待をテーマにした大ベストセラー小説「永遠の仔」の著者として知られる「天童荒太」6年振りの新作書き下ろし。『心に傷を負った少年少女が、自分達の大切なものを守る為にと結成した「包帯クラブ」 始まりは仲間内だけの小さな集まりだったが、やがてその活動は大きな波となり・・・』  みたいな感じ。う〜ん、10代位の若者向けなんでしょうなぁ。アタシなんかにゃぁ爽やかに過ぎてピンときませんでした。が、著者が私と同郷という事で八点を差し上げます。ドーゾ。

「流星ワゴン/重松清」
時間潰しにブックファーストを覗きに行ってたら、文庫が面置きしてあったので何となぁく購入。著者の名前は聞いた事があったのですが、実際に作品を読むのは今回が初めてでした。『歯車の狂ってしまった人生に嫌気がさし「もう、死んでもいいかなぁ」と考える37歳の主人公。そんな彼の前に、幽霊の親子が運転するワゴン車が現れ・・・』  誰しも一度は考えた事がある(よね?)「過去に戻って人生をやり直せるならば」という、ディケンズのクリスマス・キャロルを彷彿とさせるストーリーなのですが、「過去に戻る事は出来ても、起ってしまった事実を変える事は出来ない」というルール設定が、絶妙なさじ加減でもって物語に説得力を与えています。2002年度「本の雑誌」年間ベスト1も納得の秀作(なんか偉そうだな、オレ)文体も軽やかでサラッと読めますですよ。

「陰日向に咲く/劇団ひとり」
五つの短編が静かに絡み合いながらやがて迎えるカタストロフィにカタルシスを感じずにはナンタラカタラ・・・。あまりの評判の高さ故、逆に半信半疑だったのですが、いやいやどうして相当に上手いですねぇ!意地の悪い見方をすると「あれ?この話って、あの映画の・・・」とかもあったりするんですけどっ。作家の恩田睦氏が寄せた帯のコメント「ビギナーズラックにしては 上手すぎる。あと二冊は書いてもらわなきゃ」 うまいね、どーも。

「模倣犯/宮部みゆき」
何故に今更!?ってな感じですが、これも前述同様ブックファーストにて衝動買い。文庫版全五巻という結構なボリュームですが、こちらもサラサクッと読めちゃいます。っつうか、あたしゃ常日頃から軽いのばっか読んでるって事ですな。『墨田区大川公園のゴミ箱から若い女性の右腕とハンドバックが発見される。警察の調べにより、バックの持ち主は三ヶ月前に失踪した古川鞠子である事が判明するが、犯人を名乗る男から「右腕は鞠子のものでは無い」との電話がテレビ局にかかり・・・マスメディアを巻き込みながら繰り広げられる未曾有の劇場型連続殺人事件の行方は!!』  日本ミステリー界の寵児と呼ばれる宮部みゆき氏の、最高傑作とまで言われている作品です。勿論の如く面白いです。緩急わきまえたストーリー展開に、ぐうぃんぐうぃん引き込まれちゃいます。で・も・ね、一点だけ、ドーにも醒めてしまうトコロがあるんですよ。それは何かと申しますとですねぇ、この作品に限らず女史の書かれる文章全般に感じる事なのですがぁ・・・なんちゅうか、こう、言い回しや言葉遣いなんかが古臭いというか、昔っぽいというか、そんな感じを受ける事が多々有るのです。(お前が言うなよとか言うなよっ)例えば、時代設定現代の女子高生なのに「〜とはそういったものなのかしらん。」「だから嫌になっちゃうんだわよ」みたいなセリフを喋っちゃったり、雑誌のライターである30代の女性が「待ち合わせの目印に、黄色のセーターを着て行くわ。えぇ、胸にテディー・ベアのアップリケが付いていますから」(ぅおおおっ、待ち合わせたくねぇぇぇっ)とか言ってみたり。う〜ん、ストーリーテラーとして素晴らしいだけに、余計気になっちゃうのかしらん。

んな感じ。で、今読んでいるのは「ダ・ヴィンチ・コード」 新刊時に読むタイミングを逃してしまい、文庫化するのを待っていたら今頃に・・・。映画公開に併せた出版社の商法にまんまと乗せられたカタチです。はい。

Posted at March 29, 2006 06:09 PM | TrackBack(0)

コメント

劇団ひとりの本はすげく気になっているのです。
だがしかし、ハードカバーは高いので、ちょっと手が出にくい。むー。

ついさっき「嫌われ松子の一生」を読み終わりました。
壮絶。
だけど読んでよかったというか、なんか不幸の塊で切ないのだけど、一気に読んでしまう魅力がありましてよ、奥さん。

Posted by: もちお at May 1, 2006 06:17 AM

「陰日向に咲く」
何時でもお貸し致しますよぅ
お近くにお寄りの際にでも声を掛けておくんなさいまし

Posted by: kazuo at May 1, 2006 12:55 PM

このゴールデンウィーク中は、なーんと元いた会社に出勤なのです。
祭日全部・・・orz

なので、そのどこかで時間が合えば、ご飯でも!
こないだ里華様に連れてってもらった、上海料理の豆腐そうめんみたいなヤツが食べたくてしょうがないのです。
カップヌードルの汁なしみたいな、変なジャンクな味が!!!!

早くあがれそうな日があったら連絡しまーす

Posted by: もちお at May 1, 2006 08:38 PM

「上海好吃」っすね
あそこはハマるよねぇ!是非とも参りましょっ!

因に私、あの店の裏手に有る焼き肉屋でバイトしておりましたんです。
嗚呼、今は昔学生時代・・・懐かしき我が青春の日々・・・。
んでもって、奥さん。そこのカルビクッパがまたイケてんのよぉ、梯子する?

Posted by: kazuo at May 1, 2006 11:21 PM
コメントを書く









ブラウザに投稿者情報を登録しますか?