MAIN | Journal | Music | Movie | 1-click | Yum-Yum | Moblog

January 30, 2005

水出しチーズケーキ黒蜜とホット・ビール   :: Posted by kazuo::

beer.gif
今日の晩ご飯は大〜好きな「もうやんカレー」
なんとなくタイミングを逃し続けてしまっており
かなり久々&待望の「もうやん」でございました。
本当は明日食べに行く予定を立てていたのですが
考えだしたらモーどうにもカレー腹☆止まりません。
朝食もカレーだったのになぁ...
で、本日のオーダーは
「半もうやんスペシャル」「エビみそ炒めカレー」
「きのこカレー」「玉葱たっぷりのとうふ」
 +ビール3杯&赤ワイン1杯
いや、もちろん一人じゃないっすよぉ
愛しい人と二人でございます。(それでも食べ過ぎですが)
今回の収穫はなんといっても「もうやんスペシャル」
何故今迄頼んだ事が無かったのだろう?って感じなのですが
もうヤバうまですわ、コレ。
特製のタレをからめたチキンとぷりっぷりのエビに
たっぶりのゴーダチーズを振りかけたお皿が運ばれて来たかと思うと
おもむろにバーナーを取り出す店員さん。
んでもって、とろとろのたるたるにチーズを溶かしてくれちゃうのです。
たまりませんぜぇ。未体験の方はゼシトモ。
更に、「お腹パンパン、もう動けないよぉ」とか言いつつ
ちゃっかりデザートを注文。
ここで奇跡の味に出会っちまいました!
「水出しチーズケーキ黒蜜」
多くは語りますまい。騙されたと思うて食べに行きなされ。

膨れ上がったオナカを抱えて、転がる様に家路につく...
はずが、「ホット・ビール&ホット・ワインあります」って
なんとも魅力的な黒板が私達を引き寄せるんです。
結局、フーフー言いながらも各々「シメイ」(大好物のベルギー・ビール)
と「グリュークリーク」(ホット・ビール)を飲み干しまして
上記写真のお土産下げて帰って参りました。
うーーーーーーん、大満足。

が、動けん。

January 29, 2005

カレーと車とヒデちゃん   :: Posted by akira::

長ーい日記

つい先日僕と彼女は愛犬をトリミングに出し、その待ち時間の間に昨年末にゲットした愛車のvolvo240に乗って、初の「横濱カレーミュージアム」に行こうとしたんです。(うちのバンドのパーカッショニスト、ヒデちゃんの大推薦、駒沢の『ピキヌー』へ行ってからカレーブームが勃発!で「カレーミュージアムはいろんなカレーが食べれる」って凄く単純な発想)大好きな第三京浜に乗って、「カレーミュージアムって新横浜だよね?」「そうじゃん」なんてとぼけた会話をしながら。もうお気づきでしょう。カレーミュージアムは関内にありますよね。そう、僕らが着いたのは「ラーメン博物館」。。。あれ?
(ここから先が長い!)

ま、こんな事でめげるようなカレーブームじゃありません。i-modeで調べて関内へGO!
道が混んでたので、再び第三京浜に戻り首都高に乗り継いだその時、「ガラガラ、ガラガラ」と明らかにこのまま走ってはいけないという異音が車のシャーシ部分から聞こえてきました。すぐに高速を降りて近くのガソリンスタンドへ。

「異音の原因は分かりませんが、それとは別に、ブレーキ引きずってますよ」と優しい店員さんが教えてくれました。すぐにでも修理しないと最悪ブレーキがきかなくなることもあるので大変危険であるとのこと。そりゃまずいってことでスピードを出さないようにゆっくりと第三京浜の上り走行車線を走って都内へ戻り、そのまま家の近所のvolvo屋さんへ駆け込みました。残念ながらカレーミュージアムはおあずけです。

本来買ったお店に持っていきたいところなのですが、今日はその店とは近所なんだけど別のお店に持って行ったのです。何故なら買ったお店がそうとうダメでして。それはもう、ここには書ききれないほどの酷い車屋っぷり。めったに出ない欲しかった色がその店に入庫したので深く考えずにその店で買ったのですが、納車前後にもかなりの『ありえねー』出来事がありまして、その店とはもう縁切ろうと思っていたのです。皆さんも『車選びはお店選び』ですよ。外車や古い車は特に。すぐ欲しいと焦る気持ちを必死に抑えて!

で、今回持って行ったお店は買ったお店のすぐ近くにあるのですが、天と地ほどの違いで良心的!他で買った車だってのにその場ですぐ対応してくれて、何しろこの車種に対する愛が感じられる。知識も豊富。「やっぱりこのお店はいいね、これからはこのお店にお世話になろう」なんて話しながら車を見てもらっていました。すると、、、

「ブレーキも悪いですがそれよりミッションがやばいですね!」とそのお店のマスター。確かにバックギアに入りづらい時があり、多少調子が悪いとは思ってたけど。「乗せ換えた方がいいですよ。修理の方が高くつきますよ。ほらミッションオイル焦げてますよ」って。。。えー!、それって車の修理の中でも一、二位を争う高額なやつじゃん。かなりショック。ブレーキにミッションとかなり危険な車であることが判明したので、その場で車を預けてディーラーに修理に出してもらうことにしました。確かに年式が古いので色々と不具合があって当然なのだが、それを知らないで買ったんでは納得がいかない。納車時には古い車だし(87年式)、目に見える不具合も沢山あるのでディーラーに持っていって全部点検してもらったはずなのですよ。そのときはミッションのことなんて何にも言われなかった。。今思えばディーラーには持って行っていないのですね。だって乗せ換えしなきゃいけない様なミッションにディーラーが気づかないわけないし。適当に「持って行きましたよ。調子いい車っすね」なんて言ってたっけ。(しかもそいつは『ディーラー』のことを『デーラー』と言う。)で、現在この車は修理中ですがミッションの件はその悪い方のお店に負担させるよう交渉中。

あー、悔しい。でも持って行ったお店の対応がとっても気持ちよく、ほんとに良心的で親身に話してくれたおかげでこの車種のこともより知ることができたし、収穫もあったよなと自分を納得させ、歩いてその店を後にしました。

そしてこの状況でもまだカレー熱は冷めることを知らず。ここは桜新町、ってことで結局例の駒沢ピキヌーへ行きました。ふりだしに戻る。
やっとカレー食べれる!ってその店のドアを開けたその先には。。カウンターで独りカレーをむさぼるヒデちゃんの姿が!!!彼はかなりの割合で通ってるんではないでしょうか。あまりの突然の出来事にうすら恥ずかしいやら嬉しいやら。でも何故だかちょっと救われたような気になってしまった。で、やっぱりピキヌーは最高!そのあと、今日の数々の事件のおかげですっかり忘れられていた愛犬をお迎えに行き無事家に帰りました。もちろんタクシーで。
車のことはとてもショックでしたが、それはカレーミュージアムに向かわなければ分からなかった事かも。事故とかおこす前に気付いてよかったし。この車とカレーには何か因果関係が?(確かに黄色っぽい色の車ではありますが)ちなみにカレーミュージアムって実際どんな感じなんでしょうか?

この長ーい日記をここまで読んでくれてほんとうにありがとうございました。おかげでその悪い方のお店と戦っていく勇気が出ましたよ。絶対に沢山払わせてやる!!!許さん!!!

そういえばkazuoちゃんも昔車屋さんと戦ってたことあったよねぇ?あれどの車のときだっけ?あれはどんな戦いだった?

January 28, 2005

私的名盤巡礼 -OFF THE WALL-   :: Posted by kazuo::

wall.gif
「OFF THE WALL / MICHAEL JACKSON」
んな事言ったてしょうがないっすよぅ
外せるワケ無いじゃないですか、実際さぁ
という事で、今は亡き(...)マイケル大先生です。
時代的な流れから行くとコッチ('83)が正しいのでしょうが
悩んだ末の「OFF THE WALL」でございまする。
まぁ、どちらのアルバムも最高に素晴らしいのですよねぇ
「非の打ち所がございやせんぜぇ、兄貴ぃ」って感じです。
姉の影響で聴き始めた様に記憶しているのですが
当時よりも、20才位になってからの方がヘビーに聴き込んだかもです。
クインシー・ジョーンズ、ロッド・テンパートン(ex.HEAT WAVE)
ワーワー・ワトソン、ルイス・ジョンソン(チョッパー奏法の創始者)
皆さん脂ノリノリぬるんぬろん。父さん、もう辛抱たまらんです。
久しぶりに爆音で聴いちゃうぞっ!踊っちゃうぞっ!
なんてCD棚ひっくり返してみたんですが、どちらも無いんですよ!?
っかしいなぁ〜、絶対買ってる筈なのになぁ〜
しょうがない、リマスター版を買い直すかなっ
でもSACDをiTunesに突っ込むのって、かなり手間が掛かる予感。
どうしよっかなぁ〜、とか悩んでおります。

そういえば私ね、アルバム「スリラー」の大ヒットを受けて
地元の三越で開催された「マイケル・ジャクソン展」ってヤツを観に行ったのですよ。
一体何をどう展示してあったのか良く憶えておらんのですが
ひとつだけ鮮明に記憶に残っているモノがありまして
あれです、マイケルがスリラーのP.V.で着ていた「赤い革ジャンパー」
本革仕様のヤツは、確か相当な値段が付けられていたんですが
ビニール仕様の廉価版は約5万円(それでも十分高い!)
冷静に考えれば有り得ない選択のハズなのですが
様々な展示物(憶えてないけど)と
会場の雰囲気に呑まれきってしまっていた私(坊主頭の中学生ね)は
その「赤い革ジャンパー」の前から離れる事が出来なくなってしまったのです。
純真無垢な瞳をキラキラと輝かせながら、ぼんやりと口を開けたまま
ゆっくりと鞄から財布を取り出し...

って、そんな大金持ってないです。無理です。買えませんでした。
でも、今考えると親に借金してでも買うべきだったのかもしれん。
ほら、ステージ衣装にさぁ、20年経った現在ならさぁ、
逆になんつぅの、新鮮っていうかぁ、案外アリなんじゃね?


...無いか。

January 27, 2005

私的名盤巡礼 -DIAMOND LIFE-   :: Posted by kazuo::

sade.gif
「DIAMOND LIFE / SADE」
音楽への扉をROCK中心な感じで開かれていた私にとって
「バンドの音はデカくてなんぼ」「ボーカルは声張って行こう。ハイトーンで」
というのが良い音楽の基本概念でございました。
ましてや、友人の勧めでメタリカとか聴き始めてましたから
このまま突き進んでしまっていたらcooljamをやる事はなかったでしょう。
伊藤政則氏のラジオとか聴きながら、速弾き道まっしぐらに...

そんな私に衝撃と軌道修正を与えてくれたのが、この「DIAMOND LIFE」なのです。
「美しいお姉様が、しっとりと抑えた芸風で歌うてはる。これもまた素敵やないのん」
なんて、丸坊主中学生の私はSADEの魅力にすっかりメロメロ。
歌詞カードにかぶりつき、大人の恋を疑似体験しちゃう日々を送るのでした。
この良さは皆にも伝えねば!とばかりに
前述のメタリカ友人にもレコードを聴かせてみたのですが
「声が小さい」「テンポが遅い」「シャウトが無い」
との理由から、敢え無く却下。
代りに彼が薦めてくれたのはコレでした。
3年程前、久々に彼と再会したのですが
コンピューター・エンジニアを生業とする傍ら、年に数回は渡欧。
日本では名前も知られていない様なdeath?とかcore?
のバンドのライブを観に行ってるとの事。
う〜ん、突き進みまくってますなぁ。

ところでSADEが「服部まこ」とダブってしまうのは私だけでしょうか?
全然似てない筈なんだけどねぇ、髪型(ひっつめ時)以外。

January 26, 2005

私的名盤巡礼 -ROCK WILL NEVER DIE-   :: Posted by kazuo::

msg.gif
「ROCK WILL NEVER DIE / MSG」
MSGつってもマディソン・スクウェァ・ガーデンじゃないっすよ
ジャーマン・ロック界が誇る孤高のギタリスト
「マイケル・シェンカー」さんのグループ名です。
まぁ、なんでしょう、男の子にはね、あるんですよ、
こう、哭きのギターに心酔する時期っていうのが、ねっ?ねっ?
「Captain Nemo」とか必死でコピーしたなぁ...ベースで
あっ、勿論ギターのフレーズをね(笑)
ロック史に残るスンバラしいリフのひとつですぜ、旦那。
余談ですが、SHOW-YA(ひぃぃぃぃぃぃっ)が
そっくりさんなリフの曲を出したのを聴いて
ひっくり返ったのを思い出しました。(懐)

ところで、これを書いている私の脳内で
先程からある曲が回り続けてるんですよぅ
いやいや、「限界LOVERS」じゃ無くてねっ
このアルバムのラストでも演奏されている「DOCTER DOCTER」
しかも何故だかレゲエ・アレンジなんです。コテコテの。
ちょっとイケてる気がするんだよなぁ。
音に起こして遊んでみるべぇかな

January 25, 2005

私的名盤巡礼 -WORKS-   :: Posted by kazuo::

elp.gif
いや、勢いで昨日から始めてしまった「私的名盤巡礼」ですが
どういう順序で紹介して行けば良いのか早速に悩んでしまいました。
第一回目はあれで良しとして、今後どうすっかなぁ
完全に時系列とかで行っちゃってたら
当分Blues系から抜けられない気がするしぃ
かといってバラバラじゃぁ「嗜好の変遷」
みたいなトコが出て来ないしなぁ。う〜ん。
いいや、取り敢えずはザックリと振り返って
その後補填して行く形でイクベェ

てな感じで第二回目は「WORKS / EL&P」QUEENじゃなくてねっ
中学生の私は「ブルース・ロック」と平行して
何故だか「プログレ」に夢中になっちゃたのです。
小難しい演奏を軽々とこなしていく「職人っぽさ」に惹かれたのかなぁ?
今となっては、思わず頬を赤らめてしまう程に
「ドラマティック」な楽曲も多かったりしますがね。
この「works」というアルバムは2枚組でして
1枚目のA面がキースのソロ、B面がグレック、2枚目のA面がカール、
でB面がバンドでの演奏、という変則的(仲悪そう)な構成だったのですが
私的ツボは何と言ってもボーカル「グレック・レイク」の歌!
あの声質が大好きで、1-Bばっか聴いてました。
因に2-Bには、名曲「庶民のファンファーレ」が収録されています。

ところで、バンド結成時にギタリストとしてジミヘン(!)
が加入する計画もあったって知ってました?
実現したらどんな事になっていたんでしょうか...
1970年6月 EL&P結成
同年9月 Jimi Hendrix死去

合掌

January 24, 2005

私的名盤巡礼 -SLOWHAND-   :: Posted by kazuo::

slowhand.gif
休日明けの午後三時
事務所の編集機に突っ伏してホゲーッと微睡みつつ
何となく自分の半生を振り返ってみたりしておりました。(仕事しろ)
と、何とも恐ろしい事実が発覚!
私今年で34歳になるらしいんです。
これってば人生半分過ぎちゃってる可能性アリです。
ここら辺で自分の歩んで来た道を再確認&整理しておかねばいかんです。
という訳で、私が今までに「ハマって」来た音楽の変遷を綴ってみようかと
えぇ、ネタが無い故の安易な企画に、無理矢理な前振りを被せてみたとかじゃ無いです。
全然違います。そーゆーのじゃありません。

で、記念すべき第一回は「SLOWHAND / Eric Clapton」
私が中学校1年生の時だったかなぁ?
生まれて初めて自分のお小遣いで購入したレコードです。
その運命的な出会いは、当時の私にとって重要な洋楽情報源だった
雑誌「FM STATION」の記事がきっかけでした。
「都会派のおしゃれな大学生に絶大なる支持を誇る名盤"SLOWHAND"」(多分こんなん)
思春期突入直後の少年の脳内で
「都会・おしゃれ・大学生」→「きれいなお姉さん」→「教えてア・ゲ・ル」
へと変換されるのに3秒と要さなかった事は想像に難くありません。
クラプトンなんて、曲どころか名前さえ聞いた事も無かった私(丸坊主)が
自分の小遣いを注ぎ込んだ「初めての一枚」の選択に
性的な野望こそあれ、音楽的な要素は一切無かったと記憶致しております。
が、しかし
このアルバムにガツンとやられちゃったのですよ。
なんちゅーか、音楽の快感って奴に目覚めてしまったのです。

「教えてア・ゲ・ル」と私の耳元で囁いたのは
「きれいなお姉さん」ではなく「ギターの神様」だった訳ですな。

January 21, 2005

甘酸っぱいよ、ほんとに   :: Posted by akira::

二回目の登場です。akiraです。
全然投稿しなくてすいません。リーダー。
あと、コメントしてくれたのにお返事しなくてすいません。
不慣れなもので。リーダーに怒られました。

で、Kazuoに続けますが、、

銀杏Boyz最高ですよ。まじで!
初めて聞いたとき、ひっさびさに音楽聞いて泣いてしまった。
こんなの聞いた後に曲なんか書けません。どーしてくれる!峯田君!

でも凄まじいパワーを頂きました。そうだ、音楽には狂気と愛が必要だ!

最近の目下の悩み事は彼らがこの感じをもったまま突き進むためには
どういう方法がいいのかってこと!インディーズのまま行くの?とか。
大きなお世話か。。。

ともう一つ。
所謂R&Bと言われる曲を書いてくれって言われてるのに
銀杏Boyzばっかり聞いてること(笑)
頭の中のバランスが大崩壊中。でも気持ちいい。

日本の音楽ってこんな風にも育ってたんですね。
オレも頑張るぞ!

甘酸っぱーい銀杏   :: Posted by kazuo::

gin_a.gif
gin_b.gif
銀杏BOYZデビューアルバム(二枚同時発売)にZOKKONです。
私の音楽の嗜好をご存知の方は意外に思われるかも知れませんが
ここまで来るとジャンルとかなんとか全く関係ねーっす。
誰が何と言おうと、このBANDはムッチャクッチャにカッコ良いのです。
毎日毎日朝から晩まで聴きまくっとります。ハマリまくっとります。
私の中でこれだけヘビーローテーションになったCDは
キザイア・ジョーンズの1st以来じゃないだろうか?
とにかく、凄まじい才能の塊をぶつけられる感じ
こんな球投げられた日にゃぁ、三十路のおっさんである私も
バカの様に踊らざるを得ないだろうって話です。
akiraの投稿で初めてこのBANDの存在を知り、Vo.峯田氏のblogも覗いてみた
まぁこの時点で既に、何だかむぉぞむぉぞしている自分がいた訳なんですが
実際に彼らの音を聴いて、もう完全降伏状態。たまらなく甘酸っぱいんす。
心地良く蕩け出した脳みそが、私を中学生時代へと誘ってくれるんす。
思わず学ラン羽織って母校(愛媛県)を訪れたい衝動に駆られてしまいました。
が、間違いなく捕まるので諦めておきました。

くっそー、俺だってまだまだ青春したいんじゃぁぁぁぁぁぃ!

January 19, 2005

どうでもいい話   :: Posted by kazuo::

関東随一の電車嫌いとして名を馳せる私ですが
やんごとなき理由により(呑み会)やむなく乗車するハメになってしまいました。
って、常にハイヤーで移動出来る様なぶるじょあじーであるわけも無く
いくら嫌がっていても月に数回は利用するのですがね。
電車嫌いの理由は今日のネタ以上にどうでもいい内容なのでスルーです。
で、その電車に揺られている時に、隣にいた女子高生(だった気がする)
二人組の会話がチラリと聞こえて来たんです。
「最近のお笑い芸人で誰が好き?」みたいな内容で

A「アタシ青木さやかとか結構好きかも」
B「あっ、わたしもぉ」
A「あとぉ、劇団ひとりとかも面白くない?」
B「えぇーっ、アイツきもくない?」
A「そこがいいんじゃん。それにぃ、おぼっちゃまらしいよ」
B「へぇー、金もちなんだぁ。ちょっと面白いかもぉ」

どうでもいい会話だなぁ、他に面白そうなヤツいないかなぁ
と、人間ウォッチングのアンテナを切り替えようとしたその時
(結構電車楽しんでるんじゃないのか?俺)

B「きもいと言えばさぁ、えがちゃんてどこいったんだろうねぇ?」
A「あぁ、そういえば最近TV出て無いよねぇ」
B「ねっ、どこいちゃったんだろう江頭2:40」

え?ええええっ!
見知らぬ女子高生を思わず二度見してしまいました。私。
40分って、2時40分って、10分足りねーだろーがぁっ!!
でも、こういう覚え間違いとか結構有るんだろうなぁ
もしかしたら、2時台ってトコロが合っていただけでも良い方かも
「江頭7:23」「江頭25分」とか間違え方は無限大だもんなぁ
そういえば、一時期TVに出てたえがちゃんの親父さんは「江頭2:45」だったなぁ
ちゅーかさぁ、そもそも「2時50分」ってのが中途半端だしぃ
あずさ2号が8時丁度なのは誰も間違えないのになぁ...
あっ、そうだ「江頭2:50丁度」にすればいいじゃん!
とか考えている内に目的地へ到着。
ただそれだけなんですけどね。
ねっ、どうでもいい話でしょ?
どうでもいいついでに、私が今一番嫌いなお笑い芸人の話も

ダントツNo.1で「波田陽区」
どれ位嫌い(というか面白くないと思う)かって
私の愛しい人がギャングかなんかに捕われてしまい
「波田陽区は面白いですって、俺の目を見て言うんだっ!
  心から本気でいうんだぞっ! さもなけりゃ、この女の命は無いと思え!」
みたいな状況下で、どうする事も出来ずに俯いた姿勢のまま
「おも、おも、おもぢろいでじゅぅぅぅ。ぐやぁぁっ、おもぢろいでじゅぅぅぅぅ」
って泣きながら、それでも相手の目を見る事は出来ない。
私の瞳の奥にある「嘘」を見抜かれるのが怖いから。
っていう位嫌い。
なんなら「はなわ」より嫌いです。

ところで、何故に私はこんな「どうでもいい話」を長々と書いているのだろう?
ま、まさかノイロー (ry

January 18, 2005

私、てっきりネタだとばかり   :: Posted by kazuo::

meter.gif

思っておりました。ごめんなさいマトリョミンさん。
<ロシアの民芸品「マトリョーシカ」に最古の電子楽器「テルミン」を収めた
  オリジナル電子楽器 アンプ・スピーカー内臓 今日から貴方も電子楽器奏者!>
昨年の春頃だったかなぁ、雑誌か何かで紹介されているのを見かけたのですが
「良く出来たネタだなぁ、肩の力抜きすぎてて素敵」なんて軽く笑って流しておりました。
ところが、ひょんなことから開発元のH.P.を発見。
早速アクセスしてみると、どうやら只のホラネタ(本当にごめんなさいね)では無いらしいのです。
それどころか「講習会」やら「演奏会」果てには「グレード試験」(しかも第六回!?)
なるもの迄、非常に精力的な活動をされているではありませんか!
いやはや、お見それ致しました。
それがしも購入を検討させて頂きます。
この季節、オプションのマトリョミン用寒外套「メテル」も必須アイテムですよね(上記写真参照)
後は持ち運び用の専用トートバッグ「カジノ」があれば、講習会へのお出掛けもらくらくだぁぃ。

しめて 42,480円かぁ...........無理。
今回も「良く出来たネタだなぁ」という事で軽く流しておきます。

January 17, 2005

profileなぞアップしてみました。   :: Posted by kazuo::

宣言後かなり時間が経過してしまいましたが
バンド&メンバーのprofileをアップしてみました。
画像も何も無い状態なので、チト読みづらいかなぁって感じですが
まぁ、貴方、そこはそれ、取り敢えずという事で、ねぇ?
お暇な方は覗きにいらして下さいませな。

January 14, 2005

祝・開店!   :: Posted by kazuo::

ボーカルのハジメが、五反田の方に店を出しまして
本日がそのオープニング・パーチーとなっとりますんです。
無論cooljamのメンバーも顔を揃える予定なので泥酔必至です。
店のH.P.製作なんぞを頼まれておるので
その辺の打ち合わせなんかも兼ねてとか思ってはおりますが
今日は酔っぱらって終わりでしょうな。
昨晩、最後の追い込み中のトコロに陣中見舞いして来たのですが
落ち着いて呑めそうな「SOUL BAR」っちゅう感じでしたぜっ。

・・・溜り場にしてやる。

January 13, 2005

メン募 Blues,R&R 当方Dr 4歳   :: Posted by kazuo::

友人のサイトで知った動画です。
4歳って...
友人曰く「ジェフ・ポーカロあたりの生まれ変わりだと思います。」
このまま行くと、小学校への進学を前にハーフ・タイム・シャッフル叩いちゃいますな。
そうそう、ポーカロで思い出したんですが
どうしようもない程にクジ運の無い私にも
一度だけ「懸賞当選」という輝かしい過去があるのですyo!
それは、創刊間もなき時代の「BASS MAGAZINE」による
読者アンケート&プレゼント企画でございました。
クジ運皆無な私が選ばれたという事実から推測するに
震えが来る程に少ない発行部数&応募総数だったと思われるのですが
それでも当選は当選。私は勝ち組なのです。
なっ、何が当たったのかなぁ...まさかあのエフェクター!?
すげー欲しかったんだけど、高えんだものなぁ!買えねぇっつうのなっ!!
いや、それともアレか?あのピックアップか?あれも欲しかったんだよぉぉ!!!
人生初(そして未だ唯一)の経験にドキドキしつつ
BASS MAGAZINE編集部から送られて来た小包を開封すると,,,

サイン色紙
......
ジェフ・ポーカロの弟である
TOTOのベーシスト「マイク・ポーカロ」のサイン色紙。
当時、既に時代遅れとなっていた「ふちどりマーカー」なる
メタリックペンで書かれた文字は
色紙の端にひっそりとやる気無く 小さく 投げやりに
m i ke P or c ar o

いや、TOTOは大好きですよ。
ポーカロも良いです。(ハンゲイトの方が好きだけど)
でもねぇ。       ふぅ


どこ行っちゃたかなぁ、アレ。
私には、サイン色紙を欲しがる人の気持ちがわからんです。正直。

Lost in Translation   :: Posted by kazuo::

lost.gif

ビル・マーレイ   でかっ

January 12, 2005

戦略的価格ですなぁ   :: Posted by kazuo::

macmini.gif

きてますねぇ、appleの新製品Mac mini
戦略的な価格&可愛いサイズに、思わず衝動買いしてしまう所でした。
自分の中で、ムリクリ「必要性」や「使い道」を考えてみたりして..あぶねぇっす。
しかしまぁ、それにしても思い切った価格設定です。
先日、実家と我が家のプリンターが時を同じくしてご臨終されたので
某家電量販店にてプリンターを2台買い求めるという
素敵な買い物(*注1)をしたのですが、それよりも安いのですよ!
G4の1.25GHzを搭載したマシン本体がぁっ!
同時発表のコレあたりと併せて、大ヒットの予感ですな。


*注1. 店員「お客様、何かお探しでしょうか?」
    私 「えーと、プリンターなんですけどぉ、コレとコレ1台づつ下さい。」
    店員「ご配送で宜しいでしょうか?」 
    私 「あぁ、そこに車停めてあるんで持って帰りますよ。」
    
      っていう、私にとっての「物欲が満たされた感アリ」な買い物パターンの一種。
      じっくりと下調べをしておきながら、
      「まぁ、どれでもいいんだけどさぁ。取り敢えずコレとコレ包んでくれる?」
      みたいな雰囲気を醸し出しつつ注文する。ちょっと気持ちイイ。

      
      ...ちっちぇなぁ、オレ。

どこか遠くへ   :: Posted by kazuo::

ここんとこ、私の友人が三人立て続けに「あるモノ」を当てている。
しかも、当選者である友人は皆「懸賞マニア」でも無ければ「霊能者」でも無いのである。
にも関わらず、生来のクジ運無しである私には想像もつかない程の超豪華商品を
彼らは手にしているのだっ!しているのだっ!しているのでへっ!
失礼、興奮しすぎてしまいました。
日常の喧噪から離れ、心の安らぎを与えて下さる「かの地」へと人を導く
美しくも高貴なその御品の名は...「海外往復航空券(ペア)」
あぁ、なんて甘美な響きなのかしらぁ  こ う く う け ん
「なかなか休み取れないしなぁ」
「この時期二人分の旅費はチトつらいよなぁ」
なんていう心の迷いを一瞬にして振り払い
私を夢の国へと誘ってくれる魔法のチケット。
しかも(ペア)ですよ!
愛しい人と共にですよ!
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ

くれっ、その券くれっ。

January 11, 2005

THE PASSION   :: Posted by kazuo::

passion.gif

メル・ギブソン監督の「話題作」というか「問題作」でしょうか?
イエス・キリストが、弟子であるユダの裏切りにより捕らえられ
ゴルゴダの丘にて磔刑に処されるまでの「受難の12時間」を描いた作品なのですが...
もう、ひたすらに「痛い」シーンの連続なんです。
その余りに残酷で生々しい拷問の映像に、アメリカ本国ではショック死する人まで出たとか
途中、何度もDISCを止めたくなる気持ちを抑えつつ
磔刑の後にイエスが復活を果たすラスト・シーンまで、なんとか観終えました。
が、残念ながら私の心に一番大きく残ったのは、映像の「痛さ」に対する嫌悪感。
「救い」や「愛」の様な物を感じ取る事は難しかったです。
やはり、この映画は敬虔なクリスチャンの方が観る為の作品なのでしょう。
アタシには無理でした。
はい。

January 08, 2005

25時   :: Posted by kazuo::

25th.gif

スパイク・リー作品にはそれ程思い入れが無かったので
大した期待もせず(失礼)に観たのですが
ところがどっこい!この映画は非常に素晴らしかったです。
ヤクの売人である主人公「モンティ」は
麻薬所持の現行犯で逮捕され7年間の懲役刑を科せらる。
刑務所収監を24時間後に控えたモンティの心の葛藤
そして、彼を取り巻く恋人・父親・友人達の思い。
登場人物それぞれのエピソードも小気味よく絡み合い
かなり重たいテーマであるにも関わらず
不思議な後味を残すラスト・シーン迄
すんなりと心に染込んで来る映画でした。

まぁ、天下無双の犬好きな私としては
オープニング・シーン、主人公が虐待された犬を助けた時点で
感情移入度120%だった訳ですが(照)
なんにせよ、やっぱエドワード・ノートンは良い役者だなぁっちゅう事です。

January 06, 2005

娘の汚れたおむつを姑に宛てがう鬼嫁   :: Posted by kazuo::

正月休みなんてモノは本当に「あっ」ちゅう間ですな。
忘年会・年越パーティー・年始参りに新年会・・・
普段以上の忙しさに「My内臓」はヘトヘトでございますよ
おまけにガッツリと風邪までひいてしまい
仕事初めだと言うのにヤル気ナッシングです。
な訳で、今年初の更新@会社(仕事サボリ中)

January 01, 2005

キンガシンネンガショー   :: Posted by kazuo::

soba.gif
30日に蕎麦打ち(ここんとこマイブーム)を済ませ、準備万端で大晦日に挑みました。
大人6人+小人3人での、のんびりとした年越しパーティーは
年末恒例の「PRIDE」「K-1」を肴に、楽しく穏やかに過ぎて参りました。
「曙とかサップとか、もう可哀想だよねぇ」
「つーか、結局ボビーが一番イカしてたね」
等と談笑しつつ、気が付けば岡村で年越し。
いやぁ、ありふれてはおりますが、平和で素敵な新年の幕開けでございました。
右も左も幸せそうな笑顔・笑顔・笑顔で溢れ...
ているかと思いきや、一人だけ暗い顔の御仁が。
な ぜ な ら ば
彼は、我が家に向かう途中の高速道路で
「玉突き事故」に巻き込まれてしまったのです!
しかも連鎖事故の総数は30台以上!!
未だ新車の香りが漂う、購入後間も無い彼の愛車は
バンパーぷらぷらの悲惨な姿に変わり果てておりました。
まぁ、怪我人が出なかった事が不幸中の幸い。
「きっと今年は、良い事ありまくりだよ!」
と皆に慰められながらも、彼は放心状態のまま
薄く引きつり気味の微笑みを返すのが精一杯の様子。
うーん、今日も手土産もって慰めに行くベか

という訳で、皆様も事故にはお気をつけ下さいませ。
そんでもって、本年も宜しくお願い申し上げます。